いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよ

いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。
初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。対応してくれた従業員さんがすごく親切だったことが印象的でした。
これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。これからも、サカイさんのお世話になる予定です。人により引っ越しのやり方は様々ですが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。
ですが、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。
もし仮に、引っ越し業者のスタッフが大きな荷物を運んでいる間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、傷は引っ越しによるもの、と確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元や転居先の隣人へちゃんと挨拶に行くのが気持ちよく生活できるポイントです。
挨拶をしなかったせいで隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。
今後のコミュニケーションを円滑にするためにも、隣人には、積極的に挨拶しましょう。
賃貸の部屋から引っ越しをする場合、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。
具体的に何か、良い効果があるなどと断言することができないのですが、ただ、管理人の印象は、かなり良くなるはずですから、敷金返還のことなどについて良い影響があるかもしれません。お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや修理が難しいほどの破損などは、諦めた方が良さそうです。無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。
冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を運んでいるのを見ていると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。
落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという展開は最も避けたいので、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。
でも、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。
また、引っ越し時の家電の破損について、補償されることになっていますから、素人の自分がやるよりは業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。引越しの準備の中で一番大変なのは家の中の物全部をダンボールに詰める作業ではないでしょうか。
日々生活しているとそうそうきがつかないものですが、荷物の箱詰めを始めるとこんなに家中に物があったんだとビックリします。
でも、引越しの作業と一緒に片付けも出来る絶好のタイミングです。これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。
「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。
ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、陶器が何個か、欠けてしまっていました。割れたものが、自作のお皿だったりしたため、とてもショックを受けてしまいました。
といっても、高い物ではなかったので、クレームをつけることはしなかったです。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。
やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。
必要な手続きもいろいろとありますが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道を開通させることは最重要項目の一つでしょう。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがベストかというと、これは、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。そして余裕をもって、転居当日の一週間程前の辺りに使用できるようにしておけば、それで良いと思われます。
これから引っ越し、と決まったところでまず必要になるのが役所に転出届を出すことです。転出届を出すのは簡単です。
自分が現在住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵送で送ることもできます。
転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を持参した代理人が提出することもできます。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる自治体がほとんどです。
僕は去年、単身赴任の引っ越しに着手しました。
サラリーマン生活初の単身の引越しでした。会社の決まりで複数の会社から見積書をもらい、最も安い業者を選択するのですが、赤帽を選ぶことになりました。最初は少々不安を感じていたものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次の引越しの時も赤帽に依頼したいと思いました。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト