いろいろな引っ越しの進め方がありますが、最近

いろいろな引っ越しの進め方がありますが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。仮に業者がそういう荷物を運んでいる最中に傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。引越しをしようと思うときのコツとは、新居での間取りをしっかりと念頭において、荷造りを行っていくというものです。ダンボールなどに荷物を入れていく時に、この荷物をどの部屋に収納するのかを決めて、段ボールのどこかに書き記しておくと新居へ着いてから余計な動きを省けます。
そして、手続きをする必要のあるものは計画的にやっていくと良いです。賃貸住宅から引っ越すと、原状回復しなくてはいけないことになっています。その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用が発生するわけですが、日焼けなどの退色や自然な質感の変化と見なされれば修理費用を出す必要はないとされます。
何にしても、余計な傷や変化を生じないように暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。
引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば問題ありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。
余裕を持った計画を立てれば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。
引越しの準備でもっとも大変なのは家中の物をダンボールに収める作業であります。
日々生活しているとそうそうきがつかないものですが、荷物を整理していくとこんなに家の中に物があったのかと仰天します。
でも、引越し準備と併せて整理も出来る絶好の機会です。
「引越しソバ」っていう習慣とはリロケーションの際に近くの家の人にご挨拶としておすそ分けするものです。
私も一度頂いたことが以前、あります。
細長いソバとかけて、細く長いご縁を今後ともよろしくお願い致します。
という意味があるようです。うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。
しかし、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。
お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変な作業を長時間続けてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。
飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス千円札一枚ずつを手渡しておりますが、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。
前日に訳あって引越しをキャンセルしなければならなくなり、引越し業者に連絡したら、引越し代金の10%のキャンセル料がかかりますと宣告されました。かつて違う引越し業者でキャンセルをした時は、引越しを明日に控えた日でも引越し代金を100%支払わなくてはいけなかったので、今回は支払いが安く済んで、安堵しました。引っ越しするというイベントそのものは嫌いでもなくむしろ好きなほうなんですが、国民健康保険など諸々の住所変更など、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを行わなくてはいけないことが、面倒だなあと思ってしまいます。
こういういろいろな手続きだって、インターネットでsくっと自宅で済ますことができるようになれば手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。自分の周囲に大変な数のものがある生活をしている方がいるとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。
その方の整理能力に対し、ものが多すぎて引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、良い機会ができたと思って処分に専念すればぐっと整理が進むはずです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト